>  > ガールズバーでも怖い体験

ガールズバーでも怖い体験

私は学生時代にアルバイト感覚でガールズバーに勤めていました。その時は、可愛い格好も出来るしな楽しいしそれでお金が稼げるならと充実した日々を過ごしていました。次第にお客さんとも仲良くなり、顔見知りの方も増えてきたあたりで少し怖い経験をしました。普段、週1くらいで着てくれるお客さんとは楽しく談笑をしたり出来ていたのですが、その中の何名かの人は明らかに私に会いに来ることを目的として着ているようでした。それでも週1で接点も多くないのでなんとも思いませんでしたが、そのうちに5日置きが3日置きと徐々に少なくなっていき、毎日来るようになりました。正直、はじめは「良く来るな」くらいでしか考えていなかったですが、毎日来られてもという感覚できた。もちろん他の先輩方も同じように毎日来るお客さんはいますが、ただただ楽しく談笑しているだけで困るような様子も無いのでそんなイメージを持っていたのが間違いだったかもしれません。次第に、居座る時間も長くなり、お店を介した交流ですがややストーカー気味な感覚に教われました。その人がまだ楽しく談笑できるレベルの節度のある人であればウェルカムですが、正直気持悪いレベルの人だったので嫌になっていました。こうなると、帰るときなどに何があるか分からないという状況にも発展しそうなので、「これはヤバイかも」と思った辺りでお店をやめました。なぜかというと、日々通ってくれているだけでお金が凄くかかっているからなのです。相手側からするとそれだけのことをしておいて、望むような出会いが出来ないわけですからイライラがエスカレートしてもおかしくないです。もちろん、私も多くの時間をその人と過ごすわけなのでお給料もその人のお金といっても過言ではないのです。途中でシフトを変えてもらおうかとも思いましたが、無理があったのでやむなく止めました。先輩方を見ていて思いましたが、毎日のように沢山の男性が来て楽しく談笑しているような人の魅力は、トーク力や性格などです。よくよく考えるとそういう人に限って可愛くはないヤヤブサです。だから、口説き落とそうと思う男性も少ないのでしょう。ガールズバーでは、出たに小奇麗な無口な子は機転が利かない可能性が高いので、遊ぶ金欲しさに会いにアルバイトなどはしない方が良いかもしれません。

[ 2016-04-15 ]

カテゴリ: ガールズバー体験談

ガールズバー

フリースペース