>  > 限界が近づいたのでそのまま精液どぴゅっと発射して果てました。

限界が近づいたのでそのまま精液どぴゅっと発射して果てました。

ここは市内のホテルの一室です。いったん、自分の希望によりタバコで一服をして浴槽にお湯が溜まるまで雑談をしながら待ちます。接客業のせいかホントに柔らかな物腰で好感が持てます。デリヘル嬢でかつ人妻ですから落ち着いたたたずまいが見ていて癒やされますね。その後、お湯が溜まったので、至れり尽くせりといった形でアシスト付きで服を脱がせて貰います。その後、お礼のような形で女の子のブラジャーを外して、二人で浴槽へ。イソジンでうがいを済ませ、丁寧に身体を洗ってもらい、のぼせない程度に浴槽につかり、室内に戻ります。身体を丁寧に拭いてもらい、そのまま、ベッドへ移動し、ベッドプレイに移行します。甘いまったりとしたとろけるようなキッスから全身リップと女の子からの先制攻撃に身を任せます。テクニックというよりひとつひとつの動作が丁寧で非常に好感が持てます。そのままおちん○んをフェラチオ、手コキを交えながらの乳首舐めと女の子の攻めをたんのうし、限界が近づいたのでそのまま精液どぴゅっと発射して果てました。

[ 2015-11-28 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

風俗 五反田

フリースペース